型式認定住宅のリノベーション

一戸建ての住宅 改修

竣工年 2021年
構造・規模 鉄骨造(型式認定住宅)地上2階 165㎡
施工 有限会社ネヌケン
写真 島 敦

【受賞】
令和3年度住まいのインテリアコーディネーションコンテスト インテリア産業協会会長賞
日本空間デザイン賞2021 Shortlist

【コンセプト】
築20年、ハウスメーカーの型式適合認定を受けた鉄骨住宅の改修である。
建築主の要望は、「吹抜のある明るいリビングで、できればそこに階段がほしい」「既存の階段は急勾配で登り降りしにくいので何とかしてほしい」「スキップフロアの家に憧れる」「部屋はこんなにたくさんいらない」だった。

この住宅はハウスメーカーが利用している型式適合認定を受けた上で確認済証を取得している。それは壁一枚でも外してしまうと「型式適合認定」から外れることになる。
まずは吹抜を設けて階段を新たに設置することを試みるが、階段の移設は「主要構造部の過半の改修」にあたる。今回のような鉄骨2階建の場合、確認申請が必要となる。確認申請を行う場合、構造審査もある。型式認定の住宅を一から構造計算すると膨大な時間がかかる上に構造上不可となる可能性もある。

よって、今回は確認申請が不要なようにリノベーションし、かつ構造設計としても不利とならないような計画とした。
間仕切壁を減らして大空間のリビング、そこに小さなステージ・階段を設けて空間の回遊性を創出した。
鉄骨筋交や梁は残し、風景として新しい空間に取り入れた。引渡後は、鉄骨にブランコをぶら下げて子供たちが遊ぶ。多様な一家団欒が生み出されていく。

416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション 416 Architects 『型式認定のリノベーション』 2021年 戸建住宅リノベーション