塚田木材 築97年木造社屋の改修

事務所

竣工年 2022年
構造・規模 木造 地上3階 約100㎡
設計 416アーキテクツ、松尾工務店(共同設計)
施工 松尾工務店
写真 浅沼 郁

【コンセプト】
築97年の木造社屋。これまで少しずつ手を入れてきたが、痛みが目立つようになってきたため大掛かりな改修を決めた。

施主である塚田木材は古材を扱う。古い材の形状を変え、新たな場所に生まれ変わらせる持続可能な取り組みを行っている。今回の改修ではそんな会社の理念に着想を得てデザインした。

97年分の雰囲気をしっかりと残し、バラバラになりがちな空間の風合いをまとめるために、色合い・素材など検討を重ねた。小さな仕掛けを積み重ねた結果、歴史を継承しつつも新たな空間へと生まれ変わった。

416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所

古材の転用―フローリングを腰板に、建具のサイズを変えて欄間に…など既存の材料を新たな場所に転用。

416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所

新たな機能・素材の挿入―普段は従業員の休憩や憩いの場として使われ、勉強会やプレゼンテーションの場となる長さ4mのカウンターを設置。テラゾーに明るい色ガラスを散りばめ、真鍮でぐるりと巻いた。歴史ある空間の中で新たなオブジェクトがキラリと光る。

416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所

既存を継承したデザインの天井―視界に入るオブジェクトの中で大きな面積を占める天井。事務室2の既存の天井は凸凹の市松模様となっていた。そのデザインを継承して、メインの事務室1は板貼と左官塗を凸凹に市松模様に施した。板貼と左官、2つの色は似せるが、その素材が全く違うことで場所や光の当たり方で同じように見えたり、違って見えたりと変化する。シンプルだが表情に変化が出る。

416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所 416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所 416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所 416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所 416 Architects 『塚田木材 築97年木造社屋の改修』 2022年 事務所